新着 2021/07/20

仙台うみの杜水族館 割引チケット情報

宮城県仙台市にある大人気水族館「仙台うみの杜水族館」。
今年度は『深海ラボ』や『うみの杜ようちえん』など、知的好奇心を刺激する展示や楽しく学べる展示が増え、ますます親子で水族館で過ごす時間が楽しくなりました!うみの杜スタジアムのダイナミックなショーや愛らしいペンギンフィーディングタイム、磯場で生きものと直接ふれあえるうみの杜ビーチと、子ども連れの観光や休日のおでかけにおすすめの水族館です。

割引チケット情報

EPARK会員(登録無料/チケット購入と同時に会員登録可能)なら、当日購入OKで、入館料が最大300円お得な、割引チケットをご利用ください。さらに!EPARKポイントクーポン適用で、チケット100円引きを実施中!(※1決済につき100円引きいたします)

TICKET

水族館の入館料 割引チケット

チケット通常料金EPARK料金
大人(18歳以上)

2,200円

1,900円¥300お得

小学生(6歳~12歳)

1,100円

900円¥200お得

幼児(4歳~未就学児)

600円

550円¥50お得

3歳以下無料

※中高生(12~18歳)とシニア(65歳以上)の取り扱いはございません。
※ご利用当日に限り再入館が可能です。
※他の割引やクーポンとの併用はできません。

この記事のもくじ

お知らせ・イベント情報

「深海ラボ」リニューアルオープン
1階フロアの「深海 未知のうみ」をリニューアルした「深海ラボ」が今おすすめです!深海の謎を考えることで、知的好奇心を刺激し、深海の魅力をもっと知りたくなる展示が大人にも子どもにも大人気です。
“日本で最も深い深海底引き網漁”で捕獲される貴重な深海魚を入手し、展示もしています。宮城の食卓でおなじみの『吉次(キチジ)』も深海魚だって知っていましたか?!身近なようで謎の多い魅力的な深海を仙台うみの杜水族館で体感してください♪仙台海の杜水族館_深海ラボ

この春からイルカショーが新バージョンに!
【3月20日(土)~】イルカ・アシカ・バードによるパフォーマンスが、新バージョン「STADIUM LIVE ~FUN! FUN! FUN!~」として開催中。
仙台うみの杜水族館らしい明るく元気の出るような演出は、きっとみんなを笑顔にしてくれるはず!宮城・仙台でしか見る事のできないコラボレーションをお楽しみください!

仙台うみの杜水族館とは

仙台うみの杜水族館とは

2015年7月仙台市宮城野区の仙台港近くに開業した東北最大級の水族館です。
2011年の東日本大震災の復興の象徴として地域の人や、観光で訪れる人々に勇気と力を与えてくれました。
宮城県を代表する海産物マボヤ、三陸の海を再現した巨大な水槽「いのちきらめく」、牡蠣を養殖している展示など、東北の豊かな海をたっぷり鑑賞できます。
館名の仙台“うみ”の杜は「海」ではなく、いのちを「うみだす」や、つながりを「うみだす」の“うみ”です。杜の都仙台から、人と海や川との新しいつながりを“うみだす”水族館という意味が込められています。

仙台うみの杜水族館の歴史

仙台うみの杜水族館の歴史

仙台うみの杜水族館は、老朽化などを理由に2015年に閉館した「マリンピア松島水族館」で暮らしていた生きものや飼育技術を継承しています。マリンピア松島水族館の伝統(※)と、飼育・繁殖・研究力を持ちながら、“日本の海、世界との絆、そしてエンターテインメント”をコンセプトに掲げた新しい時代の水族館展示が魅力です。

※マリンピア松島水族館…1927年(昭和2年)に開館した、観光地の日本三景松島にあった水族館です。日本で2番目に古い歴史ある水族館でしたが、2015年老朽化などを理由に閉館しました。

仙台うみの杜水族館のおすすめ展示

マイワシ/大水槽「いのちきらめく」

マイワシ/大水槽「いのちきらめく」

2万5000尾のマイワシは、豊かな三陸の海の象徴です。Sparkling of Life(スパークリング・オブ・ライフ)で魅せてくれる、躍動感あふれる群れの泳ぎは必見です。

ペンギン/ペンギン水槽他

ペンギン/ペンギン水槽他

公式キャラクター「ペンギンのモーリー」、公式ブログでもペンギン専用カテゴリがあるように、仙台うみの杜水族館はペンギン推しの水族館のようです。世界のペンギンは全18種類いますが、仙台うみの杜水族館では8種類を展示飼育しています。ペンギン水槽では、岩場で暮らすをペンギンたちがぴょんぴょん飛び跳ねるかわいらしい姿をご覧ください。

マボヤ/日本の海とうみの杜ビーチ

マボヤ/日本の海とうみの杜ビーチ

入館してすぐ現れる太陽光の入る天井水槽には、ロープにぎっしりと付着したマボヤの養殖展示があります。また、磯場を再現し、実際に中に入って遊ぶことのできるうみの杜ビーチにもホヤがいます。

仙台うみの杜水族館のおすすめプログラム

イルカ・アシカのパフォーマンスショー

イルカ・アシカのパフォーマンスショー

開放的なうみの杜スタジアムで、生きものたちとパフォーマー、ゲストが一緒に作り上げる新感覚「STADIUM LIVE」が繰り広げられます。2021年春から新しいバージョン「STADIUM LIVE ~FUN! FUN! FUN!~」を開催中!お客さま・生きものたち・トレーナーの掛け合いを多く取り入れた、一体感を感じるパフォーマンスで盛り上がりましょう!イルカ、アシカ、ハリスホークが一丸となって盛り上げ、他では見られない海・陸・空の生きものたちの競演が見どころです。
■各回約20分間
■1日5回開催(時期によって異なります)

ペンギンフィーディングタイム

ペンギンフィーディングタイム

子どもたちに人気のプログラムで、アクリル板越しにごはんをあげることができます。まるで飼育員さんになったような気分を味わえ、ペンギンたちがごはんを求めて勢いよくアピールするかわいらしい姿も見られます。※1杯300円で、券売機で先着順販売

仙台うみの杜水族館の口コミ

EPARKおでかけに寄せられた仙台うみの杜水族館の口コミをみると、4つのキーワードが見えてきました。はじめての方や久しぶりに行く方は、ぜひおでかけの参考にしてくださいね!

年パス

「年パスで何度も通っています」という口コミが多く見られます。季節イベントや展示の工夫がされているので、何度訪れても新鮮な気持ちで新しい発見に出会えるようですね。

平日

土日は混雑しているようですが、平日は空いていてゆっくり鑑賞できるようです。「平日に時間があれば立ち寄る」「天気の悪い日も屋内なのでおでかけしやすい」という声もありました。

距離が近い

水槽に釘付けの子ども達の後ろ姿がたくさん口コミ投稿されています。「飽きずにずっと見ていました」という声も多く、子どもが見やすい高さで、生きものと距離も近いため、惹きつけられる展示のようです。水族館デビューにもおすすめです。

水遊び

磯遊びができるうみの杜ビーチは危険も少なく、洗い場も整っているので、海や川より水遊びさせやすいと好評です。お着替え持参必須です!

女性・大阪府

こじんまりとしているけど面白い水族館

お魚との距離がとても近いので、お子様は特に色々と楽しめると思います。アクセスも、電車の駅からシャトルバスが出ていたので、車がなくても行くことができ、バスも空いていたので楽ちんでした。

引用 : EPARKおでかけ


女性・宮城県

年パス利用でちょこっと遊びにも

パスポートを購入したので、天気の悪い時にちょっと遊びにいく、ということも多いです。イルカのショーは毎回見ていますが、子供も飽きません。期間によってペンギンウォークがあり、近くで可愛らしい姿が楽しめました。夏場はちょっとした水遊びも出来るので、コスパのいい水族館です。

引用 : EPARKおでかけ


女性・北海道

平日が狙い目です!

思ったより見るものが色々あって楽しく見ごたえのある水族館でした。子供はイルカのショーには大ハマりで、最前列に座っているにも関わらず、「もっと見たい」と前のめりになっていました。アシカもイルカも可愛くて、面白かったので親の私も楽しめました。フードコートからもアザラシやペンギンが観れる設計で子供がご飯を待つのも楽でした。平日は人が少なめなので、雨の日などまた行きたいと思います。

引用 : EPARKおでかけ

アクセス・基本情報

施設名仙台うみの杜水族館
住所〒983-0013 宮城県仙台市宮城野区中野4-6
アクセス

・車の場合
仙台東部道路「仙台港IC」から約5分
・電車の場合
JR仙石線中野栄駅下車、徒歩約15分

●中野栄駅からは、無料シャトルバスが朝から運行中

公式サイトhttp://www.uminomori.jp/umino/

新型コロナウイルス感染症対策について
ご来館の際は、ご理解・ご協力よろしくお願いします。
感染症対策については公式サイトの新型コロナウイルス感染拡大防止策およびお客さまへのお願いをご覧ください。

さいごに ~2021年のみどころ~

2021年。東日本大震災から10年の節目を迎えます。復興の象徴として、地元はもちろん東北や全国から訪れる観光客にも勇気と活力を与えてくれた仙台うみの杜水族館の存在は、レジャー施設としての水族館を超える力強さを感じます。

館内のミュージアムショップで販売されるお土産や、フードコートのメニュー、開催されるイベントにも、地域の特産品や地元企業とのコラボレーションを採用し、「地域とともに作り上げる」が感じられます。

2020年から続くコロナ禍で気持ちも沈みがちですが、10年前の震災から復興した力強い東北・宮城で元気に暮らす生きもや水族館スタッフたちに、パワーを貰ってはいかがでしょうか!

この記事で紹介したスポット一覧